名古屋大学

沿革

平成16年 4月 名古屋大学 エコトピア科学研究機構の設立
(次の研究センター等の再編・統合により設立された。)
・理工科学総合研究センタ-(昭和38年創設の人工結晶研究施設を平成7年に改組)
・高効率エネルギ-変換研究センタ- <省資源エネルギ-研究センタ-(昭和57年創設)、
 その後、再度、高温エネルギ-変換研究センタ-(平成4年)を経て平成14年に改組>
・難処理人工物研究センタ-(平成9年創設)
・環境量子リサイクル研究センタ-(平成13年創設)
・さらに全学の文系・理系の専門教員を追加配置
平成17年 4月 名古屋大学 エコトピア科学研究所(学内措置の研究所)の設置
平成18年 4月 名古屋大学 エコトピア科学研究所(国立大学の附置研究所)へ改組
平成19年 4月 名古屋大学 先端技術共同研究センター(昭和63年に創設)を統合
平成19年 7月 研究所附属アジア資源循環研究センターの設置
平成21年 4月 研究所附属情報メディア教育センター(平成10年に創設)を廃止
平成24年 3月 研究所附属アジア資源循環研究センターを廃止
平成27年 4月 研究所高度計測技術実践センターの設置
平成27年 10月 名古屋大学 未来材料・システム研究所へ改組
平成27年 10月 研究所未来エレクトロニクス集積研究センターの設置